農の相棒Mr.カルテ,肥料の窓口ファムサポ,小ロット農産加工ファムサポ.comの運営

企業理念

  • HOME »
  • 企業理念

 Japanブランドを支える、若手農家の成長を応援する。

いま、味や栄養価など品質が優れた農産物の技術革新は、若手農家が進めています。そのおかげもあり、日本の農産物は、生のまま、そのまま食べても十分おいしい、圧倒的な品質の高さを誇ります。
 輸送技術や情報化により、県境と国境があいまいになり、産地と消費地が近くなった社会で、このJAPANブランド農産物を、日本全国、そして世界の食卓に広めていくためには、『職人技』のよさを残しながらも、病害虫や天候に左右されない『生産の安定』が重要です。

 
 「品質と生産の安定」をテーマにした栽培管理技術で、または農業に関わる情報を、農業現場と学術研究の壁を越えて横断的につなぐサービスを創り続けることで、日本農業の革新を加速させ、Made by Japanのおいしさと健康の源を日本に、世界に広めていきます。

病害虫対策こそ、美味しさの原点

INGENは、創業当初から、鮮度や味、機能性など高品質な農作物の生産に積極的な農家さんの支援を行いたいという想いから事業を展開しております。一見すると、「高品質農家さんを支える応えがなぜ病害虫対策?」と感じる方も多いかと思いますが、ヒトの腸内環境や生活習慣が、お肌や見た目の美しさにつながるのと同様、
毎日コンスタントに安定した品質・収穫を保つためには土作り・農薬・日々の管理をバランスよく施し、病害虫被害を減らすことが重要です。畑のことを一番に理解し、畑にとってのお医者さんであり、かつ、美味しい技術を高めた職人さんでもある農家さんを、病害対策という視点でサポートする事業を展開し、次世代の農業の発展に貢献してまいります。

 
 栽培現場の声第一主義

INGEN創業の原点は、世界の中でも最先端に進んでいるはずの農業研究が、
栽培現場のニーズとはずれていた事実を知った創業者が
学生時代に始めた農業インタビューにまでさかのぼります。
創業後も、わずか1年間の間に担い手世代(30~50代)の農家さんを中心に
約1000軒を直接飛び込み営業していた経緯がございます。
INGENはこれからも、新しいサービスを生み出すたびに
農家さんの生の声を丁寧に伺ってまいります。 

 

 

 
 担い手の成長を応援する

創業一年で1000軒を超える農家を訪問し、見えてきた現状は、
「農業総人口こそ減っていても、担い手世代(30~50代)が積極的に組織化・生産拡大を進めている」
ということでした。
このような農家さんは、共同出荷以外の販路拡大にも、
美味しさや機能性など品質重視型の栽培にも大変積極的です。
日本の農業を、生産量・技術力共に支えていく、担い手の成長を応援
することを第一にしております。

 

 

 

 
 担い手世代のスケールアップの壁・病害虫対策に挑む

積極的に品質UP・農地拡大を目指す農家さんが、
必ずと言っていいほどぶつかる課題は、「病害虫対策」でした。
自農園のブランドの軸となる、美味しさ技術を確立し、
次のステージを目指す農家が、新しく進出した土地は、
栽培条件が異なるため、
いつもとは違う原因で病害が起こり、
思ったように収益があげられない
ケースが伺えます。
そこで、INGENは病害対策を大きなテーマに掲げ、
品質重視の
実力派農家さんの安定生産をサポートすることで、
日本の農業の
次世代の礎となっていきたいと思います。

 

 

 

PAGETOP
Copyright © 株式会社INGEN All Rights Reserved.