農の相棒Mr.カルテ,肥料の窓口ファムサポ,小ロット農産加工ファムサポ.comの運営

事業紹介

  • HOME »
  • 事業紹介

農の相棒Mr.カルテを中心に、
農家のライフステージに合わせた事業を展開

     
栽培指導者(畑の先生)とつなぐ
オンラインカルテ 
 メーカー横断型
肥料の相談窓口
小ロット・素材を
活かした農産加工 

農家の生産力を向上させるオンラインカルテ。

Mr.カルテに登録している「畑の先生」の栽培指導を受けることもできます。防除計画や、病害の先回り対策に不可欠な肥料・農薬情報を参照できるナビや処方箋機能付き。

 農家さんを第一に考え、慢性的な病害虫の対策相談に応える。約40社の機能性肥料から最適な提案。取扱いのない肥料も込みで施肥設計。  INGENは栽培改善のついでに、ブランディングの第一歩もお手伝いします。農家さん専用OEM。

INGENは、これまで東京近郊の農家さま向けに「最適肥料の提案・販売(ファムサポ事業)」と並行して、訪問ヒアリングを行ってまいりました。今後は、約1000軒以上の農家さまの声を生かして開発した「農の相棒Mr.カルテ」と、創業当時からの実績を活かした「肥料の窓口 ファムサポ」を通じて、実力派担い手農家様の病害虫対策をサポート体制を全国に広めていきます。
また、副次的な事業として創業当時から展開してきた「農ギフトプロデュース ファム’s キッチン」は、小ロット・低リスクで農産加工を検討できる点が支持されて実績を伸ばしてまいりました。
引き続き、3つの事業で、栽培・研究活動で多忙な実力派担い手農家に代わり、高品質農家ののスケールアップを応援してまいります。

 


農家・栽培指導者双方が”稼げる”仕組みづくり

主要事業「農の相棒Mr.カルテ」では、
栽培指導・処方・農資材販売の構造改革に挑戦しています。

栽培指導の文化を復活させるには、農家と栽培指導者(営農指導員・普及員・民間肥料種苗商)ともに”稼げる”ような仕組みも必要と考えているからです。

農家と栽培指導者はこれまで、対面による相談や年1回の作況勉強会で情報共有を行ってきましたが、栽培指導者側からすると、アフターサービスという名のコストとして重く負担となってきました。

農資材販売などのアフターサービスとしての栽培指導では、どうしても農家側にとっては一律な情報となりがちで、これからの時代に合った方法が必要です。

一方で、これまでの商習慣上、一直線に、日本国内へ、純粋な栽培コンサルの文化を根付かせるのは困難です。

そこで、この課題に対して、Mr.カルテを通じて、以下の3stepで計画を進めています。

step1 Mr.カルテを栽培指導のインフラとして機能するシステムに作り上げるstep2   各栽培指導者のカルテ内での処方がそのまま受発注につながる仕組みをつくる

step3 カルテを通じて、栽培指導者にとっての新たな収益源を作る

 

 

 

 

PAGETOP
Copyright © 株式会社INGEN All Rights Reserved.