農家の相棒Mr.カルテ,オリジナル農産加工OEM Fam's Kitchenの運営

企業理念

  • HOME »
  • 企業理念

企業理念 Made by Japanの味を、全国へ、世界へ!

 精進料理や日本料理でくだものを「水菓子」というように、日本の農産物は、そのまま食べても十分おいしい、圧倒的な品質の高さを誇ります。
 輸送技術や情報化により、県境と国境があいまいになり、産地と消費地が近くなった社会で、このJAPAN品質の農産物を、かつて貴重とされたバナナのように世界の食卓に広めるためには、「品質と生産の安定」が重要です。
 「品質と生産の安定」をテーマにした栽培管理技術で、または農業に関わる情報を、農業現場と学術研究の壁を越えて横断的につなぐサービスを創り続けることで、日本農業の革新を加速させ、Made by Japanのおいしさと健康の源を日本に、世界に広めていきます。

ごあいさつ

 現在国内の多くの農協 生産グループ、農業生産法人の方々が農産物の競争力強化、その先にあるJAPANブランドの確立に挑んでいらしゃいます。海外に比べ単価の高い日本の農産物の競争力強化に、生産量と品質の安定は欠かせません。

 INGENでは創業以来「品質第一」の観点で培われてきたリーダー農家の職人技を、標準化・効率化する技術を確立すること、農業現場での「カイゼン」を仕組化することに貢献できる事業の開拓を進めてまいりました。

比較サイトでは不十分な「それぞれのほ場に最適な提案」を情報ネットワークの構築で実現する

 コスト面での効率化の観点から、「最適な資材選定」をサポートするサービスとして、訪問型の肥料見直しサービス、肥料の比較ができる通販サイト「ファムサポ.com」を運営してまいりましたが、紙面や通販サイト内で提示できる情報量は限られております。「最適な提案」には多岐にわたる情報に基づいた総合的な判断が必要です。
 INGENは「情報ネットワークの構築と分析技術の確立」を最優先課題ととらえ、既存の事業と並行して研究開発を重ねてまいりました。この研究の成果として、病障害対策カルテサービス「農家の相棒Mr.カルテ」の製品化いたします。

 農業現場と学術研究をつなぐ

 IT導入の敷居が下がった今、情報整備による農業技術革新の機は熟しました。
 Mr.カルテ独自の分析技術は、これまで培われてきた学術的な研究の知識と農業現場の情報をつなぐ発想で成り立っています。
 農業現場の皆さまと、農協など各生産グループさまや研究機関をつなぎ、病障害対策技術の標準化で、日本の農業全体の生産量と品質の安定化を目指して成長を続けてまいります。

 

 病障害対策技術とは?
 現在、多くの企業でリアルタイムデータから圃場の気象状況を把握し、病害の発症「予測技術」開発が活発する中、病害発症「後」の対策の迅速化・正確化・効率化の技術確立も求められています。

INGENでは、病障害発症「後」の対応技術を「病障害対策技術」と定義しております。
「予測技術」と「病障害対策技術」は、車軸の両輪のようにどちらも欠かすことができず、この2つがともに最適化されることで、はじめてIPM技術*は確立します。

*IPM:総合的病害虫管理
    Integrated Pest Management
 農薬だけに偏らず、病虫害を抑える生物的・化学的・物理的手段を総合的に用いる取り組み

農家さん・生産グループさん・メーカーさんとつながる

 最後になりましたが、「Mr.カルテ」が真に”農家の相棒”になるためには、農家さま、農協や生産グループの皆さま、栽培技術革新を支える農資材メーカーさま…すべての農業現場を支える皆さまのご協力が欠かせません。小さな会社ではありますが、より多くの食卓においしさを届けるため、尽力してまいります。ご協力、よろしくお願い申し上げます。

 

PAGETOP
Copyright © 株式会社INGEN All Rights Reserved.